つながるコンテンツ

智のフィールドを拓く トビタつための星 可能性を照らす道 未来を探るひきだし 明日へとつなぐ鍵 変化をひらくドア 研究の壁をこえたとき Moyapedia
おとなりの研究者
岡山大学
大学院自然科学研究科
准教授

東京大学
教授

金沢大学
自然システム学系
准教授

東北大学
大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 脳機能解析構築学講座 神経行動学分野
教授

東京女子医科大学
医学部 第二生理学教室
助教

file03:虫の音楽

Youtubeなどの動画サイトで「Drosophila Courtship Song」で検索してみてください。

ショウジョウバエは、羽を震わせて求愛歌を歌いますが、彼らの耳はちょうど自分たちの羽音ぐらいの帯域に特化されていて、それ以外の音は聞こえません。しかし大気はさまざまな振動に満ちていますから、むしろノイズが少なくていいのではないかと私は思っています。耳だけでなく生物の受容器というのは一般に、いわばフィルター装置であって、要らないものをいかに排除して、自分が欲しいものだけを選び取るかというものでもあるわけです。

蚊も音を使って求愛するんですけれども、これもなかなかおもしろい行動です。ショウジョウバエの場合には歌うのは雄だけですが、蚊の場合は雄も雌も羽音を使って歌います。そこで雌の出す音を流しておくと、雄が音のほうへ寄ってきて、雌と雄で羽音を聞き合うような行動をとります。そして二匹の音程がずれていると、雄は自分の音を「チューニング」して、合わせて歌うことが知られています。雌も同様に、相手の羽音に合わせてチューニングします。このようにして、デュエットが成立するわけです。

ところで今回「影響を受けた本は何か」という質問を受けて、ふと大学生のときに読んだ本を思い出したんです。生物学・動物学の研究者だった桑原万寿太郎氏の本です。

桑原 万寿太郎
慶応通信  1956年

私は、自分以外の生き物が何を感じ、何を考えているのかを知りたいと思っていたものの、当時はまだそのためにどうすればいいかわかりませんでした。この本には動物がどんな物理刺激をどう受容しているかを知れば、ある程度わかるんじゃないかと書いてあって、なるほどなあと思ったんです。古い本なのですが改めて開いてみると、目次の中にはなんと「虫の音楽」という章があることもわかったりして、新鮮です。

TEXT : Azusa Kamikouchi, Rue Ikeya  DATE : 2010/06/22