つながるコンテンツ

智のフィールドを拓く トビタつための星 可能性を照らす道 未来を探るひきだし 明日へとつなぐ鍵 変化をひらくドア 研究の壁をこえたとき Moyapedia
おとなりの研究者
広島大学
大学院教育学研究科 国語文化教育学講座 大学院教育学研究科 国語文化教育学講座
教授,研究員

旧所属 天理大学 文学部 国文学国語学科
助教授

白百合女子大学
文学部国語国文学科
教授

file02:こどものための古文コミュニケーション

新井:最近よく「サイエンス・コミュニケーション」ということが言われます。でも、一般の方へ向けて、研究のおもしろさを話すことが苦手な研究者が多いですよね。researchmapなどを通じて、もっと発信してくださるといいんですけれども。国文学/日本文学を一般の方々に紹介する場合には、どんな課題があるのでしょうか?

田中:古典に『とはずがたり』という物語があるんですが、これをたとえば「好色一代女の中世版みたいな作品」というふうに一人が言ってしまうと、その人のバイアスがかかってしまいます。だからいろんな人がもっといろんな目で紹介する機会がなければいけません。ところが一般の方々に向けて紹介するような書き物は学問的でないかのように言われてきたこともあって、国文学者はこれまでほとんど、そういったものを書いて来なかったんです。今まさにそのようなものが求められる時になってみると、どういうふうにやったらいいのか、やって来ていないからわからない。この問題は、われわれ学者がもっと考えなければいけない時期に来ていると思います。

たとえば「登場人物たちはなんで歌を詠むんですか?」といったごく素朴な質問も受けられるような─「こども古文教室」のような機会が作れるようになればいいですね。

※写真は、冨倉徳次郎訳のとはずがたり。古典文学の現代語訳もマンガ化作品も、訳者や作者(漫画家)の解釈が入っている。

TEXT : Takako Tanaka, Noriko Arai, Rue Ikeya  DATE : 2010/07/21