つながるコンテンツ

智のフィールドを拓く トビタつための星 可能性を照らす道 未来を探るひきだし 明日へとつなぐ鍵 変化をひらくドア 研究の壁をこえたとき Moyapedia
おとなりの研究者
函館工業高等専門学校
一般理数系
教授

東京理科大学
工学部第一部 工業化学科
教授,名誉教授

鳥取大学
工学部 精密合成化学 鳥取大学大学院工学研究科化学・生物応用工学専攻
助教授・准教授

file 01:高専の成り立ち

高専の登場は、今から50余年前の1962年のことである。1950年代の後半、経済成長はめざましく、科学・技術の進歩が経済をさらに前進させるものとして期待を集めていた。こうした社会状況と産業界からの強い需要を背景に、実践的で質の高い技術者養成を目的として設立されたのである。中学卒業生を受け入れ、数学、英語、国語などの一般教育とともに、実験・実習を重視した専門的な教育を一貫して行うのが特徴。実習工場では旋盤などの工作機械を完備し、技能の習得には十分な環境だ。特に卒業研究では、エンジニアとして自立できるよう応用能力を養うことを目的としており、学会で発表できるような水準の高い研究も生まれている。就職希望者の就職率ほぼ100%であることは先述したが、卒業生に対する求人倍率は約10~20倍だという。5年間の本科卒業で準学士を、さらに2年間の専攻科に進むと卒業時には学士の学位を取得できる。