つながるコンテンツ

智のフィールドを拓く トビタつための星 可能性を照らす道 未来を探るひきだし 明日へとつなぐ鍵 変化をひらくドア 研究の壁をこえたとき Moyapedia
おとなりの研究者
和歌山大学
システム工学部 デザイン情報学科 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
助教授,准教授

立命館大学
総合心理学部総合心理学科
教授

中央大学
理工学部
教授

椙山女学園大学
教育学部
教授

東海大学
理学部 情報数理学科 情報分野
講師

file 03:おばけ坂の渋滞緩和

計算錯覚学のプロジェクトには3つのチーム・計8人のメンバーがいます。それぞれのチームには、メンバーに脳科学心理学メディアアートなど計算以外の手法の研究者も入っていて、分野間で知見が拡がったり、刺激を受け合ったりという例がたくさんありますね。またそれぞれが専門とする応用分野へもつながりやすくなっています。

新井仁之教授(東京大学)のチームでは、二次元の図形に関する錯覚を扱っており、脳内で視覚的な情報がどんなふうに処理されているかという数理モデルをつくっています。このモデルと、心理学的にわかっている脳のふるまいとを突き合わせることで、今、モデルがどんどん進化しているところです。

それから山口泰教授(東京大学)のチームは、人間とコンピュータが対話するという部分で、コンピュータグラフィックスやわかりやすいインターフェイスで錯覚を利用したり、錯覚をなくしてスムーズなコミュニケーションができるようにしたり、といったことを考えようとしています。

私のチームは、主に立体に関する錯覚を扱っています。たとえば世界のいろんなところに「おばけ坂」とか「ミステリーロード」と呼ばれる観光スポットがありますが、このような坂道では、車のドライバーから見ると、実際には上り坂なのに下り坂にしか見えないといった錯覚が起こります。錯覚によって車のスピードが落ちるため、自然渋滞の原因にもなっていることがわかってきています。実際の道路をよく見ると道路の際に壁のあるところが多く、壁に積んである石や模様が道路に平行につくられています。これが海面に対して水平なら、きっと錯覚が起こりにくくなると思うのですが、トンネル内のパネルや防音壁などもみんな道路に平行に貼ってあるため、このことが水平をわかりにくくしています。どうしたらドライバーから見て錯覚の起こらない道路を設計できるのか、渋滞緩和への貢献を目指しています(錯覚美術館に展示しているのは、メンバーの友枝明保特任講師(明治大学)が担当している錯視量測定のための道路模型です)。