つながるコンテンツ

智のフィールドを拓く トビタつための星 可能性を照らす道 未来を探るひきだし 明日へとつなぐ鍵 変化をひらくドア 研究の壁をこえたとき Moyapedia
おとなりの研究者
京都府立医科大学
准教授

名古屋市立大学
大学院薬学研究科 薬化学分野 大学院薬学研究科
教授

東北医科薬科大学
薬学部
助教

東京薬科大学
生命科学部 細胞情報科学研究室
教授

東北薬科大学
薬学部 薬学科 臨床分析化学
教授

file 01:読み取り・転写・翻訳・修飾

読み取り(Reading)
ゲノムというのは、1冊の本にたとえることができます。ゲノムの場合は、A(アデニン)・G(グアニン)・C(シトシン)・T(チミン)という4つの塩基でできており、その組み合わせでいろんな情報が書かれていますが、本の場合はアルファベットや、日本語なら50音でいろんな情報が書かれているわけですね。これによって、いろんな情報が詰まっているわけです。ところが、ゲノムの中に書かれている情報というのは、一見したところ、そのまま読んでも何が書いてあるかわからない状態になっています。ところどころ意味があるような文字の連なりがあるんだけれども、全体としてはまったく読めない。ところがこれにマーカーをつけて、マーカーがついたところを拾って読むと意味が通り、特定の情報を得ることができます。さらに別の色のマーカーをつけていくと、また別の情報が現れてきます。先の話に出てきたリシンのメチル化・アセチル化も、このように、どの遺伝子を読み取りなさいよというマーカーの役目を果たしています。

転写(Transcription)
DNA(デオキシリボ核酸)からメッセンジャーRNA(リボ核酸)をつくることを「転写」といいます。核酸は遺伝情報を担っています。

翻訳(Translation)
メッセンジャーRNAからタンパク質をつくることを「翻訳」といいます。翻訳でつくられたタンパク質によって、いろいろな生命現象が営まれるようになります。

修飾(Modification)
リシンをメチル化することを、リシンをメチルで「修飾する」ということがあります。この「修飾」というのは、メチル基がより大きな分子であるリシン残基にくっつくことです。修飾というのは、服を着たり脱いだりするのに似ています。したがってくっついているのを外すこともできます。修飾を外すのが「脱メチル化」です。