つながるコンテンツ

智のフィールドを拓く トビタつための星 可能性を照らす道 未来を探るひきだし 明日へとつなぐ鍵 変化をひらくドア 研究の壁をこえたとき Moyapedia
おとなりの研究者
神戸大学
大学院工学研究科 電気電子工学専攻
教授

立命館大学
情報理工学部 情報理工学科
准教授

大阪大学
サイバーメディアセンター 情報メディア教育研究部門
助教授

筑波大学
システム情報系
准教授

file 01:おとなが喜ぶコンピューターを作りたかった

テレビゲームが登場したのは、私が小学校の1~2年生の頃だったと思います。あのころ、大人たちにとってゲームは「悪」でした。勉強も運動もすることなく子供たちが一日中部屋の中に閉じこもってゲームで遊ぶ。それをさせているのは、コンピューターゲームであると。やがて、体を動かすタイプのゲーム、仲間同士でネットワークをつないで遊ぶゲームなどが登場しました。それでも、大人たちは、子供たちが公園で座り込んでゲームをする姿は健全ではない、と受け止めていたのだと思います。

私自身は、コンピューターが好きで研究に取り組んでいますし、コンピューターを悪者にしたくない。では、どうしたら大人たちに喜んでもらえるコンピューターを作れるのかと考えました。そして、コンピューターと共に外に出て、体を動かし、仲間同士のつながりも生まれるようなものはできないか、というのが私の研究の始まりでした。現在は、子供たちが扱いやすく、危険を回避したり、必要な時に仲間の様子を自然に確かめたり、といったことができる装置などさまざまな実験にも取り組んでいます。